FXの基礎知識

追加証拠金って何?どのような仕組みで解消しないとどうなる?

FXは手元の資金が少なくとも、レバレッジをかけることによって大きな金額の取引を行うことが可能です。

しかし、大きな含み損が出てしまい、必要証拠金と損失が証拠金を上回ると追加証拠金が必要となります。

追加証拠金の役割やルールについて知らないと、知らないうちに強制決済が行われて大きな損失が確定してしまうこともあるため、きちんと理解しておきましょう。

追加証拠金の役割について

追加証拠金とは、通貨の必要証拠金と含み損に対して証拠金が不足しているときに追加で入金が必要な証拠金のことをいいます。

略して追証(おいしょう)と呼ばれることも多いです。

通貨の購入時には証拠金は十分だったとしても、価格変動によって証拠金が不足してしまうリスクは常に存在します。

証拠金が不足した際に、レバレッジを維持するための仕組みが追証です。

追証がなければ、レバレッジを維持できないため、すべての通貨を決済して損失の補填にあてなければなりません。

追証、ロスカット、マージンコールの違い

追証と同様に、FX投資家の中で注意しなければならないのが「ロスカット」と「マージンコール」です。

ロスカットやマージンコールの詳細なルールはFX会社によって違いますので、必ず自分が利用するFX会社のルールを確認しましょう。

「ロスカット」は、いわゆる強制決済のことで、証拠金の維持率が一定の割合を下回った場合に、それ以上の証拠金の損失を防ぐためにFX会社がシステムによって強制的に手持ちの通貨を決済することを指します。

損失を防ぐための仕組みですが、投資家にとっては損失を強制的に確定させる仕組みでもあるため、できるだけロスカットにならないよう気をつけることが大切です。

「マージンコール」は、保有する通貨の評価が下がり、含み損が出て証拠金の維持率が一定以下になった場合に、追証やポジションの決済を促すための通知を指します。

通知の方法は、メールやシステム上でのメッセージ、アイコンやフォント・背景の変化など会社によってさまざまです。

追加証拠金の発生や強制決済を防ぐコツ

追加証拠金の発生や強制決済を防ぐためには、できるだけ証拠金に余裕をもってポジションを持つことが大切です。

手持ちの証拠金のギリギリまでポジションを取るのではなく、証拠金の10%まで、20%までなど、マイルールを決めて取引を行いましょう。

そして、ポジションを取るときは、一度に大量のポジションを取らずに、少量ずつポジションを取るようにすると、価格変動への対応がしやすくなります。

ポジションを追加するのはレートが何pips動いてからにする、とマイルールを決めることがこちらも大切です。

また、分散投資を行うことも大切です。

市場がリスクオンになっているときに上昇しやすいリスク通貨と、市場がリスクオフになっているときに上昇しやすい安全通貨の両方に投資しておけば、大きな損失は出にくくなります。

リスク通貨は、豪ドルやランド、トルコリラなど、安全通貨には米ドルや円、スイスフランなどです。

そして、できるだけ損切りするレートを決めて、逆指値を入れておきましょう。

追証や強制決済が発生するケースでは、相場の反転を期待してポジションを増加させるナンピンが裏目に出ることが多いものです。

しかし、思ったように相場が動かない場合は、ナンピンではなく一度損切りして、改めて相場の動向を読みましょう。

逆指値は指定したレートになった場合に、自動的に決済を行ってくれるため、損失を最小限に抑えるために便利です。

追加証拠金に注意し、コツコツ利益を出そう

追加証拠金は投資家が負担できないほどの大きな損失を防ぐための仕組みです。

しかし、追証を告げるマージンコールが煩わしく感じられますし、ロスカットは損失の強制確定とも言えるため、できるだけ避けた方がよいものに違いありません。

大負けを防ぐことができれば、何度もチャレンジするうちに勝率が上がり、利益を出していくことができます。

初心者はまず追加証拠金に注意し、コツコツ利益を出すことを目標にしてみるとよいでしょう。

コメントを残す

Theme by Anders Norén