FXの基礎知識

FXの口座開設で勤務先情報を書いても大丈夫?会社に電話が来るの?

口座開設時、FX業者は申し込み情報として様々な情報の入力を求めてきます。

その中の一つとして挙げられているのが、勤務先の電話番号などの勤務先に関する情報です。

ただ勤務先の電話番号を伝えることで、在籍確認の電話が来るのではないかと不安を抱える人もいますよね。

今回は、そんな勤務先の電話番号を伝える必要性や電話の有無について解説します。

口座開設時にFX業者が「勤務先の電話番号」を取得する理由

FX業者が口座開設時に勤務先の電話番号などの情報を取得する理由としては、大きく2つあると考えられています。

その理由として挙げられているのが、連絡がつかなくなった場合の連絡先の確保や申し込み情報の審査材料にするためというものです。

例えば携帯を解約したり乗り換えをするなどの理由で携帯電話の番号が変わってしまった場合、FX業者に登録情報の変更をしなければいけませんよね。

ただ中には登録情報の変更を忘れてしまう人もいて、そのままFX業者が連絡できなくなってしまうケースもあるのです。

このようなトラブルを防ぐため、最終連絡先として勤務先の電話番号を取得していると考えられています。

ほかにも自己資産が少ない人が申し込みをした場合、きちんと定職についているのかどうか判断するための材料が必要になります。

このため勤務先の電話番号などを取得し、審査するための材料としている場合もあります。

FXの口座開設、職場に電話は掛かってこない

FXの口座開設で勤務先の電話番号の入力を求められると、クレジットカードの審査のように在籍確認されるのではないかと思う人も多いです。

クレジットカードの審査と違い、FXの口座開設の審査では職場に電話を掛けることはほとんどありません。

これは在籍確認を目的として勤務先の電話番号などの情報を求めているのではなく、あくまで連絡先の確保という意味合いが強いためです。

そのため基本的には勤務先の電話番号をFX業者側に伝えたとしても、基本的には職場に電話はかかってこないので安心して情報提供することができます。

例外として、FX業者から電話が掛かってくるのはこんな時

ここで注意しておきたいのが、FX業者が勤務先の電話番号に連絡をしてくるケースがあるという点です。

例えば口座開設の申込の書類に不備があった場合、まずは個人の連絡先に電話がかかってきます。

その電話に出られなかった、もしくは電話が掛けられなかった場合、FX業者は申し込みをした人物と連絡を取るために職場に電話を掛ける場合があるのです。

これはFX業者としてもやむを得ない対応としており、個人の連絡先で連絡が取れなかったからこその最終手段と言えます。

またFX業者によっては、在籍確認をするために職場に電話を掛けるところもあります。

特に自己資産が少ない人の場合は本当に在籍しているのかどうか審査するために電話をするということもあり、業者による対応の違いとして注意しなければいけません。

このようにいくつか職場に電話をかけてくる例外もあるので、絶対に職場に電話がかかってこないと過信しないことが必要です。

勤務先への電話が不安なら、携帯・自宅の電話に必ず出ること

このように基本的には、FX業者側は勤務先の電話番号などの情報を取得しても職場に電話を掛けることはほとんどありません。

ただ書類の不備や何らかの問題が起きた場合、個人の連絡先にかけても連絡が取れないとFX業者が職場に電話をかけてくる可能性はあります。

ほかにもFX業者が職場に電話をかけてくる可能性もあるのですが、人によっては勤務先に電話を掛けてきてほしくないと考えている人も少なくありません。

どうしても職場に電話をかけてほしくない、電話が来るのではないかと不安を感じる人は、FX業者が携帯電話または自宅に電話を掛けてきた時に必ず出るようにすることが大切です。

また家族に知られたくないという人であれば、自宅の電話番号を記入しない、もしくは携帯電話を最優先に設定しておくことも必要となります。

FXで収益化できたら、今の会社を退職する選択肢が見えてくる

FXでしっかり収益化できるようになる頃には、サラリーマンとして会社勤めする方がコスパが悪くなると思います。

しかし、FXで儲かっているから会社を辞めますとは言いづらいのが正直なところかと思います。自分から退職したい旨、伝えるのは勇気が入りますからね。

そんな時におすすめなのが、退職代行ジョブズです。あなたの代わりに、会社に退職したい旨を伝えて手続きをしてくれます。

退職代行ジョブズのサービス概要まとめ

上記ページは、最近流行っている退職代行ジョブズについてよくまとまっていたページです。参考になるかと思います。

コメントを残す

Theme by Anders Norén