FXの基礎知識

信託保全とは?FX業者が潰れたら預けたお金はどうなる?

FX取引を始めるにはまずFX会社に口座を開き、資金を預ける必要があります。

もしも、FX業者が破たんしたときに、出資した資金は戻ってくるのか不安に思う人も多いでしょう。

しかし、日本には信託保全という制度が法律で定められています。

信託保全は投資した人の資金を守るための制度です。

信託保全とはどのようなものか?この記事では信託保全について詳しく解説します。

信託保全とは何か?

信託保全とは金融商品取引法に定められている法律でFX取引をする人も資金を守るための定められた制度です。

FX取引をするときにはFX会社に口座を開いて、その口座に証拠金を振り込んで取引を始めます。

この口座には証拠金以外にも顧客が得た利益も振り込まれます。

FX会社に開いた口座の中の資金はその口座を持つ投資家のものです。

もしFX会社が破産や倒産をしても口座の中の資金は投資家に返却されなければなりません。

ところが、FX会社の資金管理があいまいだった場合には、口座の中の資金をFX会社の運営のために流用してしまうことも想定されます。

口座にあるはずの資金がいつの間にかなくなっているといった不祥事になりかねないのです。

このようなことがないように金融商品取引法では、顧客の証拠金などを信託銀行などに預けて会社の資金とは別に管理することを義務付けているのです。

信託銀行に預けられた資金は受益代理人が信託状況が適正かどうかを監督します。

もしFX会社が破産や倒産をした場合には、信託されていた金額の範囲内で投資家に資金が返却されます。

FX業者が潰れたときの資金精算方法

FX会社が破綻したときには、事業がそのまま他のFX会社によって継承されることがあります。

この場合には信託されていた資金も継承されます。

投資家はFX会社破たん前と同様に取引を継続することができます。

もし、取引を継続する意思がない場合には通常通りの口座解約手続きによって解約します。

FX会社が破たんして、その後その会社の事業がどこにも継承されなかった場合には、信託されていた資金はいったん凍結されます。

FX会社の破たんを知って投資家が信託銀行に直接口座資金の出金を請求することはできません。

また、破たんしたFX会社の信託資金は差し押さえることができません。

破たんしたFX会社の債務者といえども信託資金には手を出すことはできないのです。

凍結された信託資金は受益代理人が内容を確認したのちに投資家に返却されます。

国内FX業者は破綻のリスクは少ない

海外ではFX会社が破たんした実例があります。

しかし、日本国内のFX会社は海外勢に比べると破たんリスクは非常に少ないといえます。

海外の場合にはレバレッジ規制がないのが一般的です。

投資家は少ない資金で巨額の取引をすることができます。

レバレッジが大きいほど、大きな利益が期待できるのです。

これは逆に言うと、大きな損失リスクを背負うことになります。

もし、顧客が自分の損失を補てんできなかった場合にはFX会社がこれをカバーすることになります。

FX会社が顧客の損失をカバーしきれなかった場合にはFX会社が破たんすることになります。

しかし、日本ではレバレッジ規制があって出資金とかけ離れた巨額の取引をすることはできません。

そのため巨額の損失の危険性も少ないためFX会社の破たんのリスクも少なくなります。

信託保全はFX投資家と資金を守る法律

信託された資金はFX投資家が直接信託先の銀行に請求することはできません。

通常時信託資金の出金請求ができるのはFX会社です。

こういうと、投資家の資金が守られていないような印象がありますよね。

しかし、信託資金の出入りが適正かどうかは受益代理人や信託管理人が日々監督しています。

FX会社は適正な取引以外の目的で信託資金を動かすことはできないのです。

信託保全制度の最も大きな特徴は、差し押さえできないということです。

もし、FX会社が破たんしたときには多くの債務者が取り立てを行い時にはFX会社の資産を差し押さえる場合もあります。

しかし、信託資金は差し押さえできないので投資家以外の人が勝手に引き出してしまうこともありません。

受益代理人によって正しく投資家に返却されます。

信託保全はFX投資家の資金を守るために作られた法律です。

コメントを残す

Theme by Anders Norén