FXの基礎知識

FXは儲かるの?トータルで勝ち続けるためには、うまく負けることが大切

資産運用にFXをはじめた人の半数以上が「勝てないから」とやめてしまいます。

普通にやっていれば負けることが多いといわれていますが、勝って儲けている人も多いです。

どうやれば儲けられるようになるのでしょうか。

その理由として「うまく負けること」が必要です。

FXで儲けるための心構えや、「うまく負ける」コツ、勝ち続けるためのポイントを紹介します。

最後に笑えればそれでいいという心構えで取引を

1回ごとの取引で損・得と考えてしまう人は大勢いますが、これが勝てない原因のひとつです。

損得に一喜一憂していると、頻繁にトレードしてしまう原因につながります。

チャートを見極めてタイミングのよい時に取引をするべきなのに、感情に流されて正常な判断力を失ってしまうからです。

そのため、損失を取り返すためにトレードを繰り返して負け癖が付いてしまいます。

FXでは、最後に収益がプラスとなって笑えるように取引することが大切です。

感情的にならない対策として、1ヶ月から1年の期間を設け、その期間内に取引した結果、最終的にプラスとなるかマイナスとなるかで勝ち負けを判断してください。

負けることを考えて取引するのが「うまく負ける」コツ

FX投資では100パーセントでの勝利はありえません。

どんなに稼いでいる投資家であっても、勝つ時と負けるときがあります。

だからこそ、大切なのは負けたことに対しての向き合い方です。

ただなんとなく保有して損になりそうだから手放したのでは、意味がありません。

ポジションを保有する時に、勝ちだけでなく負けに対しても理性的に仮説を立ててから手に入れてください。

感情的に売買するのではなく、チャートを読み、仮説を立てて納得した上で売買できることが、うまく負けたことにつながります。

自分で許容範囲を決めて損切りしよう

相場の流れによって損切りをしなければならないタイミングは、誰にでもあります。

最小の損失で損切りし、最大限の儲けを目指すことがFX勝者への道です。

損切りのタイミングとしてあげられているのは、許容範囲を超えてしまった場合だといいます。

多くのFXトレーダーの意見としては、現在資産運用で使える金額の2パーセントまでの損失であれば、許容範囲内です。

たとえば資産運用で使えるお金が100万だった場合、2万円を超えたら損切りしたほうがいいでしょう。

ただし、2万円を超えて損切りするとストレスが強くなる人は多いです。

それ未満に設定しても問題ありませんが、あまりタイトな範囲だと却って取引しづらくなるため、自分が最良と思えるポイントで損切りしてください。

得意分野で勝負をかける

全てのトレーダーがいつでもポジションを保有しているわけではありません。

勝率の高いトレーダーは、1日のうちで1時間から2時間程度しかポジションを持っていないことも多いです。

24時間相場が動いている中で、必ず自分の得意となる流れが存在しています。

どのタイミングでの取引が得意なのか、デモトレードで確認してからポジションを持ったほうがいいでしょう。

強いトレンドが形成されている時をはじめ、国内外で重要な指標が発表された後など、相場が動きやすいです。

また、長年チャートを見ている人ならば、トレンドが反転するタイミングもわかるでしょう。

これらのなかで、一番得意なタイミングを使って取引することが成功のコツです。

リスクを分析して勝ちに結びつけよう

FXで大切なのは感情を交えず、理性的に取引することです。

ギャンブルとは違い、分析を正確に行い、仮説を立てることによって結果に結びつきます。

相場の流れでリスクが大きくなりそうなところ、リスクが低く利益に結びつきやすいところを判断し、取引してください。

どんな残念な結果が出ても、その後の分析や仮説を立てることを忘れないようにしていれば、勝率は高まります。

根拠のない取引を避け、相場が動いても分析してさらなるポジションの売買を行うことで、勝率が高くなるでしょう。

コメントを残す

Theme by Anders Norén